高い実力を誇る長州産業の太陽光発電システム

長州産業の主力製品であるプレミアムブルーシリーズという太陽光発電パネルでは、他メーカーの太陽光発電パネルでは不可能な紫外線を可視光線に変調させて取り込むという機能があり、発電量をアップさせています。そのため、発電時には青く輝くという性質を持っています。また、夏場の高温に対しても強いことも特長で、従来の太陽光発電パネルと比べ真夏の高温にさらされた際の発電ロスを30%程度抑えることが可能です。信頼性の面でも長州産業は優れており、太陽光発電パネルのモジュール出力を25年保証している製品を主力商品に設定しています。プレミアムブルーシリーズは現時点では屋根のななめ部分などににくまなく設置できる台形モジュールは販売されていませんが、台形モジュールにも対応した単結晶タイプモジュールと呼ばれる太陽光発電パネルも用意されており、様々な住宅環境に合わせて太陽光発電パネルを選ぶことができます。
積雪の多い地域での太陽光発電に向けた製品として、融雪ヒーターのほっとパネルと言う製品を現在モニター販売中です。これにより太陽光発電パネルが雪に覆われる状態を緩和し、発電できる状況を増やすことができますが、消費電力は低めに作られています。
長州産業では太陽光発電パネルと蓄電池の組み合わせたシステムを販売しており、電気を作り出すのはもちろん、様々な停電状況に対応したモードなどがあり、生活インフラとしての機能を高めています。また蓄電池は同等の容量では世界最小クラスを誇っており、長州産業の優れた技術が製品となっています。