あなたのエコライフに寄り添う、東芝の太陽光発電

太陽光発電とは、地球に降り注ぐ太陽光をエネルギー源として発電を行うシステムの事を言います。
お住いの住宅の屋根にソーラーパネルを設置し、太陽光を取り込むのです。
取り込んだ太陽光を太陽電池を通し、直接電力へ変換する発電方式で、ソーラー発電とも呼びます。
太陽光は自然のエネルギーですからクリーンであり、再生可能エネルギーの一つであると言えます。
太陽光発電は、機械的な故障が起きにくい為、メンテナンスが簡単であり、設置者への負担が少ないと言えるのです。
発電時に化石燃料を使用しないので、多量の騒音や汚染物質等の廃棄物が発生しないのも、メリットの一つです。
発電によって家庭では使用せずに余ってしまった電力は、電力会社へ送電し買い取ってもらう事が可能です。
普段は太陽光発電で得られた電力で家庭内消費分を賄い、電力が足りない時には電力会社から電力を買うという事も可能になるのです。
しかし、太陽光発電にはデメリットも存在します。
太陽光をエネルギー源としているので、その発電量は光量に左右されます。
夜間の発電は出来ませんし、季節や天候によっても発電量が変動しますので、一年を通して毎月変わらない発電量を得るという事は難しいと言えます。
それに火力発電等に比べ、コストがかかり割高である事もデメリットの内の一つです。
東芝のソーラーパネルでは世界トップレベルのパワフルな発電で、上記の様なデメリットを凌ぐソーラーパネルを提案しています。
省スペース、及び軽量化を実現し家庭で使いやすいシステムであなたのエコライフに寄り添います。

最新記事